みなさん当然、プロフェッショナルのデザイン会社にホームページ制作をお願いすることを当たり前とも考えているようですが、実際にデザイン会社にお願いすることに対してある程度デメリットだって存在するものなのではないでしょうか。
デザイン、デザインと言う訳ですが、デザイン重視のホームページもちょっと考える面が存在しているという点です。
実際にデザインは非常に綺麗なホームページというものもあります。
そして、そういうホームページをデザイン会社にお願いした場合、非常に高価だろうという感じもします。
しかし、そういうホームページでもよくよくみればプロフェッショナルにお任せしたとは思えないようなホームページも存在します。
デザイン性重視のために、機能性をないがしろにしてしまったような感じすらします。
不必要なjavaや、不要なソースの記述、内部リンクのかけ方も変です。
このホームページではSEO効果が全く期待出来ません。
そういう意味で今、私達はもう一度デザインとは何かについて考える必要がありそうです。
ホームページのデザインでもそうですが、デザインとはとことん自由に振る舞うことが出来るものでもありません。
それは機能と握手して進んでいかなければならない道なのです。

キーワード検索の落とし穴

web制作において、少しでも検索結果の上位に表示されるようなSEO制作は大事です。
一番簡単で身近なSEO対策と言えばキーワードですが、キーワードによるSEOには落とし穴があります。
≪キーワードの詰め込みは要注意≫
例えば「ダイエット」というワードで検索されたいと思うなら、できるだけページにワードを詰め込めば検索エンジンにヒットされやすくなります。
しかし、キーワードの配置にはちょうどいいバランスがあり、不自然なぐらい詰め込み過ぎてしまってはいけないのです。
もしそのようなことをしてしまうと、検索エンジンのスパム判定を受けてしまいます。
スパム判定を避けるには、キーワードを詰め込み過ぎていないかをチェックしましょう。
≪読めない文字によるキーワード羅列≫
肉眼で見るのに困難なぐらいの小さな文字や淡い色で見えづらい表記だと、スパム判定をされてしまう可能性があります。
例えば白い背景に対して白い文字で特定のキーワードを羅列してしまうと、スパムになります。
隠し文字をしてしまうような行為は避けましょう。
≪キーワード選定≫
検索で上位に来てほしいキーワードを選ぶのにも、注意が必要です。
「ダイエット」というキーワードだとライバルが多すぎて、どんなにSEO対策をしても上位に食い込むのが難しいのです。
複合キーワードを絡めてSEO対策をするか他のキーワードを選ぶなど、選ぶ言葉によって対策が異なります。
デザイン制作

ホームページ制作を自分でする人は多いです。自分個人のサイトのためにわざわざwebデザイン会社に頼んでしてもらう人は少ないです。趣味程度のサイトならサーバーに登録すれば簡単にできます。サーバーの方が作りやすいようにあらかじめ設定してくれているからです。パソコンの知識がある人なら簡単なのです。今は一人でネットビジネスを始める人は珍しくありません。そういう人や業者などのPRのためにホームページ制作をしたいと考えている人はwebデザイン会社に頼むといいです。少しでも多くの人にサイトを見てもらいたいのならその方がいいです。人に見られるために作るのと自分の自己満足で作るのとでは何かと違ってきます。自分の自己満足で作るものは自分の周りにしか理解できないデザインが結構多いです。自分を知っている人なら分かるという感じです。それでは限られた人にしか見られないサイトになってしまいます。webデザイナーのサイトのサンプルを見ると見ているだけでも興味をひくものが多いです。一度でも自分でサイトを作った人なら分かると思いますが、やはりプロが作るものは違うなと感じるものです。デザイナーとして活躍するだけあります。プロ並みの腕をしている人でも比べると違うものなのです。

ホームページを作成してアップロードすると、必ずURLが表記されている事は知っているでしょう。
このURLにもきちんと意味があるという事を知っていますか。
多くの人は知っていると思いますが、知らない人の為に簡単に解説をしておきます。
URLは必ずhttpで開始され、その後に色々な英数字が書かれているのですが、基本的には3つに分けられています。
始めのhttpの部分をスキームと呼んでおり、httpの後には大抵wwwが付くと思いますが、中には付いていないURLも存在しています。
このwwwの部分をホスト名と呼んでいて、ホスト名の後に続く英数字をドメイン名と呼んでいます。
また、ドメイン名の最後は、大体jpやcomという形で終わっているのが普通なのですが、この最後の部分で国名などがわかるようになっています。
日本のホームページはjpで終わっている為、ドメイン名の最後がjpとなっているという事は日本のホームページという事です。
しかし、トップページの場合はこの3つのみとなっているのですが、サブページになってくると、更にディレクトリ名やファイル名などがプラス表示されている事がわかるでしょう。
このような意味は特に覚えていなくても問題は無いのですが、ホームページの作成に携わるのであれば、知っておかないと恥ずかしいので覚えておくべきです。

近年のネット社会の浸透により、企業がホームページを持つ事はもはや必須条件であり、新規立上の企業においてはまずホームページ制作が重要なタスクになる事は間違いありません。また新規企業の中のネット企業の割合は益々増えています。しかし、それに比べて既存企業のホームページ開設については、まだまだ浸透しているとは言えません。ホームページ制作の担当者も、専門知識の無い自社社員を割り当ててお茶を濁している企業も多いのが現状です。そこで、デザイン会社にホームページ制作を依頼する時のコツをまとめたいと思います。まず一番のポイントは、ホームページに何の情報を記載するかを事前に練っておくことです。これを「情報設計」といいます。この情報設計がしっかり行われていないと、何を伝えたいのか、何をしたいサイトなのかがぼやけてしまい、来訪者に良い印象を与えられなくなってしまいます。デザイン会社によってはこの情報設計を行ってくれるところもありますが、「企画・構成」という名目で別途費用を計上される所がほとんどです。そこでまず自社内でホームページ制作のための内容の検討をしっかり行い、デザイン会社にはデザインのみを発注するのがコツです。そうする事で費用も抑えられます。同時に、他社のサイトの研究が重要です。自社ホームページ制作の際にはどうしてもあれも載せたい、これも載せたいと情報過多に陥りがちです。時には他社サイトを参考にして、スッキリバッサリ整理する事も大事です。

この時代、ホームページの有無は顧客に大きな影響を与える。しかし、ただあるだけでは意味がない。見る人の視点に立った、見やすく、わかりやすいホームページ制作を心がけたい。ホームページ制作には、デザイン会社との相談が必要である。安心できる背景画像や、見やすい文字、わかりやすいレイアウトなど、デザイン会社と相談して決めるのが良いだろう。注意したいのは、デザイン会社とのやり取りをスムーズに進めるため、前もって大ざっぱな案を考えておくと良い。1つではなく、2つ、3つあると、それらを組み合わせたりなど、より凝ったホームページ制作ができる。具体的なものが浮かばなくても心配ない。イメージのみ考えておくだけでも、かなり絞り込まれる。レイアウトも、大体のものを考えておくだけで、後から少しずつ調整していける。ホームページ制作には、デザイン会社とのスムーズな話し合いが一番の近道である。また、ホームページを作るサーバーなども前もって決めておけば、デザイン会社の対応・不対応なども早めにわかるため、円滑に進む。近年では、スマートフォンが普及し、殆どのサイトが対応している。対応しておいたほうが、ユーザーも助かるだろう。